家で転んで大腿骨を骨折した話。

40代で大腿骨頚部骨折したときの入院と手術の記録と旅の記録を書いて行きます。

MRIを撮影しました。

前回書いたMRIのお話。

 

仕事が明けの日、少し昼寝をした後、車で病院へ。

手術入院していた病院は駐車場もなかったのですが、後々もしも足が痛くなっても車で病院へ行けるよう下見も兼ねて。

 

30分前には放射線科のMR受付に着いてしまったので、問診票と診察券を出してしばし待機。

 

MRIは初めてではなく以前に脳ドックを2回ほど受けています。

 

呼ばれた後は更衣室で検査着に着替えて前の人が終わるまでしばし待機。

金属物はすべて外して、直前で外す眼鏡と更衣室のカギのみ持ちました。

 

時間通り呼ばれて撮影室の中へ。ここで金属物などの最終チェック。眼鏡を外し鍵も置いて撮影用のベッドへ。ほぼ気をつけの姿勢で腰付近を固定し、空気シュコシュコの非常用のお知らせスイッチを持ってヘッドホンをつけました。

 

機械のドーナツに入っていくんですが、頭はドーナツを通り過ぎて半分くらい外に出たポジションなので頭をやるときに比べたら圧迫感はないですね。音も少し遠くなった気がします。

 

でも夜寝てるときに脚をまっすぐにするのがつらいだけあって、20分以上気をつけの姿勢はなかなかきつかったです。きれいな画像を得るにはじっとしているのが重要だそうです。

 

なので検査終了してベッドから起きて歩くときは股関節がこわばってロボットのような歩き方になっていました(笑)。技師さんから「ゆっくりでいいですよー」の声がかかるくらい。

 

検査結果は来週外来の予約が入れてあるのでその時になります。結構心配してるんですよね。股の内側の痛みがジリジリあるのと、1年経つのに階段を上るときとかちょっと股に響くときがあるんです。激痛ではないのでなんとなく過ごせちゃうんですが。

 

検査後はお会計して、駐車場の外来割引の処理をして、病院内のセブンイレブンでホットコーヒーを買って車へ。ここの病院は発熱外来もやってるので駐車場に行く途中に待機室なんかもありました。駐車場へ行く導線・・・。

 

心配ですが結果は後日!

股関節が痛い

久しぶりの更新になります。

 

大腿骨頚部骨折から1年と3ヶ月が経ちました。

階段を上がるときなどにまだ左足がしんどいのですが、普通の生活を送っています。あ、あと骨折した側に足がやっぱり前に出づらいです。大股で歩けないです。いくら頑張って足を出しても小股ですね。

 

昨年9月に腰痛と股関節痛で再び病院へ行きました。レントゲンを撮って股関節は異常なし、腰椎椎間板付近に若干飛び出てるところがあるということで腰椎椎間板ヘルニアという診断が出ました。昨年いっぱい薬を飲んで様子見。かなり良くなったかなというところで通院終了して、薬がなくなってきた2月ぐらいから再び股関節痛が出てきました。

 

寝ているときや床に座っているときにこわばって痛みが強いです。

床に座るなというところですがなかなか椅子に座った生活になじみがなく床置きソファーに座ってしまうんですよね。

夜中にトイレに起きた時、朝起きて一番の立ち上がり時には慎重に歩かないと痛みと力の入り具合が弱くて危ないですね。

 

そんなわけで最近病院を変えました。入院時担当した医師がそこの病院からいなくなったのと通院はすべて終わってるのでこの機会がちょうど病院を変え時かなと。

 

職場の補助が出るインフルエンザの予防接種の指定病院で、尿路結石の時に泌尿器科にお世話になったこともあり診察券を持っていた、自治体病院や大学病院ほどは大きくないけど、ひと通り診療科もそろった総合病院の整形外科に予約して行ってみました。

 

ちょうど股関節が専門の先生に当たって、レントゲンを撮って診察。骨折については経過もよく治りかなりいいそうです(ひと安心)。

 

そして股関節痛は一度も骨折後にMRIを一度も撮ってないので念のため撮ってみましょうということになり予約をしてきました。骨頭壊死の心配がある大腿骨頚部骨折ですが、以前はMRIがない病院で撮ることができなかったので、これで一つ気持ちに引っ掛かるものが解決できそうです。

 

不安もありますが、異常があるなら早期発見しないと後が大変になってしまうので、前向きに検査受けてみようと思います。

 

通院卒業しました!

先週6回目の通院に行きまして、ついに定期的な通院は卒業になりました。

レントゲンの画像で見て折れた頚部の内側は手術後の画像で見ると少し隙間があったものが完全にくっついて境目もわからないのでここは問題なし。外側は骨がくっついて組織の連続性が見えるものの、少し境目がまだわかるかなあという説明でした。骨頭は気になる部分はなく問題なし。

ピンは抜かなくても平気だけど1-2年後位までなら抜けると思うので気が向いたらまた来てくださいと言われました。とりあえず筋肉と擦れていないみたいなのでそのままで行くつもりです。スクリューじゃないのでネジ切り部で骨とガッチリ癒着するようなことはなく、比較的つるんとしたピンみたいで結構長い間は抜けるようです。

でも次に折れるときはピンで強化されてるので転子部の下の骨幹部で折れるよと言われました(汗)。

あと寝返りで知らず知らず折れた左を下に横向きに寝ると大転子の辺りが痛いのは、大転子が痛いんじゃなくて少し下の手術で切った部分が治るときに、瘢痕(ケロイド)が皮下でできていて、その瘢痕部分が筋肉を圧迫しているのではないか?とのことでした。太もも外側が痛くなるのも圧迫している筋肉が大転子から膝まで繋がってあるからということみたいです。

傷の治りが遅い高齢者だと瘢痕はできにくいみたいですが、まだ治りが早い年齢だとできてしまうこともあるようです。

歩いたり動いているときは痛くならず、圧迫したときだけ痛いのはピンが擦れているのではなくて瘢痕
なのかな?という感じです。

太ももの筋肉も少しついてきたみたいで、階段を下りるときの左足着地で脚がプルプルするのがだいぶなくなってきました。

でも階段を上るのはまだうりゃ!と勢いがいりますね。

予後がかなりいい方だと思うのですが、やっぱり完全に元通りとはいきませんね。折れて少しめり込んで角度は少し変わったけどずれなくて本当によかったです。

思ったよりは歩けるし、趣味の家庭菜園やDIYも休み休み体勢に気を付ければ大丈夫なのでここまでよくなって本当によかったです。

このブログを見に来た方も不安がいっぱいだと思いますが、大腿骨骨折は長期戦です。できることからゆっくりやって慌てずに治していきましょう。

換気扇を温度制御する

今日は以前取り付けた換気扇を温度制御するDIYをしました。
f:id:starjetp:20200516210700j:plain
この換気扇です。

f:id:starjetp:20200516210745j:plain
取り付けた温度リレー。

現在の気温と停止温度が表示されます。

f:id:starjetp:20200516211137j:plain
家にあった端材とL字金具を組み合わせて結束バンドで固定しました。結構ガッチリ固定できています。

f:id:starjetp:20200516211253j:plain
回路を組んで取り付けて、コンセントも取り付け。

f:id:starjetp:20200516211410j:plain
無線LANルーター等もLANケーブルや結束バンドできれいに整線して固定。地震が来ても大丈夫なように剥がせる両面テープで機器類も固定しました。

かなりスッキリ取り付けできました。

※電気工事をするには第1種または第2種電気工事士の資格が必要です。

骨折から約5ヶ月経過

病院へ5ヶ月の通院で行ってきました。

新型コロナウイルス対策の外出自粛の影響からか以前は空いていた病院も待合室が診察待ちでビッシリ。公称の新規感染者が減っているので仕方ないですねえ。散々待ってようやく診察でした。

いつも通りレントゲンを撮ったのを見ながら説明。画像からスジ状に見える骨の組織も連続性が出てきてるので、順調ですねとのことでした。骨頭壊死の兆候もなしです、よかった。定期的な通院は骨頭をもう少し診たいのでもう1回来てくださいとのことで次で一区切りみたいです。ピンも脚の動きを邪魔しないならそのままのようです。

あとは寝返りで左を下にすると大転子の辺りが痛いので伝えました。どれどれと触診すると太もも外側の筋肉不足を指摘されましたので、股開きの筋トレして様子を見ることになりました。右脚に比べて太ももの外側がペラペラなんですよね。大転子が痛いときは膝の外側も痛いのでやっぱり繋がってる筋肉が関係してるのかな?大転子は筋肉の付け根だそうです。

今回も疎経活血湯を処方してもらいました。これを飲んでるとデスクワーク時に脚を動かさないときの脚のしびれるような感じやつるような感じがなくスッキリする感じがします。でもなかなか調剤薬局に在庫がなく後日になることが多いですね。なので病院帰りに薬局に処方箋出して、次の仕事帰りに受け取っています。

とりあえず頑張って筋力つけます!

骨折から4ヶ月経過

骨折から4ヶ月が経過しました。

新型コロナウイルスで世の中は家にいろ!と言う雰囲気ですが、インフラのお仕事なので毎日出勤してます。休みたい。

骨折した左足はだいぶ回復してきている感じが実感できるところまで来ました。そろそろもう一段ギアを上げていこうかなと言う感じです。

股関節の方は相変わらず痛みは無いですが、腸腰筋の固さと太ももから膝通って脛の外側の筋肉の固さがあります。夜寝るときに脚を伸ばすのがつらいですね。

前回の通院で疎経活血湯を処方してもらいました。飲んでいると突っ張ったときのしびれに近い痛みが和らぐような感じがあります。漢方なので劇的には効かないですが、飲んだ方が楽になる感じがします。

そして、久しぶりに自転車に乗りましたが股関節に固さがあるのがよくわかりました。明らかにぎこちない感じです。腸腰筋が突っ張って少し痛いですね。股関節自体には痛みがなくてよかったです。でも止まるときに左足をつくのがちょっと怖いです。

全体的には元通りとはいきませんが思ったより治ってきている感じがします。

とりあえず現状はそんな感じです。

電気シャッター式換気扇に取り替え

今回は当初取り付けた引きひも式換気扇を電気シャッター式の換気扇に取り替えたお話です。

グルニエ(屋根裏収納)の換気扇取付
https://starjet.hatenablog.jp/entry/395113107.html

以前の記事はこちら。

やはり引きひも式は毎回引きひもを引っ張りにグルニエに上がらなくてはいけないので、正直失敗しました。とにかく面倒です。

タイマーも買ったのですが、換気扇シャッターが閉まらないと使い物にならず、今は不在時の防犯用に照明をコントロールさせてます。

同じサイズの25cmの換気扇に取り替え。寸法は同じなので加工無しでビス止めして完成です。

f:id:starjetp:20200418110543j:plain
三菱電機のEX-25EK7-Cです。
お値段は約8000円。

電気シャッター式がこんなに静かとは想像以上でした。グルニエに見に行かないと運転してるかどうかわからないほど。これで夏でも冷房無しで寝られる日が増えれば成功です。結果は夏の終わりにでも(笑)

あと新型コロナウイルスでも仕事に行かないと行けない業種なので、家の空気を自室を最終地点に排気する場所にしてあまり他に拡散しないようにもできたかなと思っています。気休めですけどね。